カードリーディング

新月の問い、満月の答え

新月に問いをたてて、満月に答えを出す、というタロットのスプレッドをしました。
こちらの方からスプレッドお借りしています↓
https://twitter.com/tazn246

3月24日の新月にタロットを一枚引きました。
使用カードはオスタラタロット。
引いたのはなんと『Moon』のカード。
月のカード自体は不安や神秘など、いくつか意味がありますが、カードの絵などから読み取って私が立てた問いは、
「私がまだ見えていない半分の真実は一体なんでしょうか」
私の場合、タロットは内観したいときによく使います。
自分の世界に深く入り込みたいとき。
見えていない真実。

満月になるまでにこの問いを自分なりに考えたりするでしょう、ということでしたが、すっかり忘れておりました。

今日、4月8日の満月。
引いた一枚がこれ。

ワンドのエース。
新月のときと同じタロットを使いました。
このカードはライダー版など正式なタロットをあまり踏襲してはいないのですが、象徴はしっかりととらえているように感じます。
ワンドは火のカード。行動、生命力。
生きようとする力。
日々の暮らしとはまた別の意味での衝動とも呼べる生命力、生きようとする命そのものの力。
握られた手には葉のついた枝とそれを応援するような周りの木々。
ねずみは繁栄を意味していると感じます。
おそらく巨大なものではなく、はじまりの最初の点のようなもの。
私なりの解釈です。

「私がまだ見えていない半分の真実は一体なんでしょうか」

「それはこれから見えてくるでしょう。湧き上がる命の底から感じるものに真実は含まれています。すべてはこれからです」

Back To Top