四柱推命

陰陽五行の話

四柱推命といえば、陰陽五行説と切り離せないのですが、そもそも五行ってなんだろう?と思っていらっしゃる方もおられるかも。
五行とは、木、火、土、金、水、という五つの要素を人間が生活していくのに必要なものと考え、それぞれの性質を踏まえた上で、互いに影響する様子を体系的に表したものです。
中国で生まれたと言われています。
陰陽五行説といいますが、もともとは五行説、と陰陽説が分かれていたと言われています。
木、火、土、金、水の並び方も、昔は違っていたとか。
とにかく、この五つの要素をさらに陰と陽にわけたものが【陰陽五行説】と呼ばれるものです。
木は火で燃やすと灰を生み出し、
火は灰を土にし、
土は内部に金を内包し、
金は温度変化によって水(水滴)を生み出し、
水は木を育てる、
という循環を表します。
このように隣り合って生み出す関係を〈相生〉(そうせい)の関係といいます。
相乗効果の語源とも言われています。スムーズな関係です。

それに対して、〈相剋〉(そうこく)の関係というのがあります。
木は土を割って生え、
火は金を溶かし、
土は水をせき止め、
金は木を伐り、
水は火を消す。

この関係は〈相生〉のようにスムーズな関係ではありません。
が、決して悪い関係ではなく、お互いに刺激を与えたり、持ちすぎた力をセーブしてくれたりする関係でもあります。

四柱推命では、相性を診るときにもちろん五行は重要視しますが、バランスを見ながら考えていくと、相剋の関係の相手でも自分には必要だったりすることがよくあります。
そのあたりが複雑でもあり、奥深さでもあると私は思っています。

次は五行それぞれの特徴をお話していきたいと思います。

One thought on “陰陽五行の話

Comments are closed.

Back To Top