四柱推命

相性が悪い人と結婚したらどうなりますか

四柱推命では、相性をみる方法がいくつかあります。

記事にもしています。
干支で相性をみる方法
干合(かんごう)って?
相性はどうやってみる?

さて、私は結婚するとき、占いはやっていませんでしたし、むしろ好きではなかったので一切何も見ずに結婚しました。
本当に何もです。
そして結婚したあと、占いを始めた時に、見ました。
本当はあまり見たくなかったのですが、勉強のためにと思ってです。
基本的に人の命式を勝手にみるのはちょっと失礼かなと思うようなところもあり、家族や親しい人には了解を得て勉強のために見させてもらいました。
よく知っている人は検証できるのでありがたいのです。

で、家族などいろいろ見ましたが、私と夫は割といい相性でした。
ところが、私の父と母は全然よくなくて。
母は占い好きなので、絶対に結婚するときはみてもらっていたはずです。
「なんで相性悪いってわかってるのに結婚したん?」
「・・・あのときはいい人やと思ったから」

結婚なんてこんなもんです 笑。
それでいいんだと思います。

私の場合、四柱推命では私の足りない五行が夫の日干の五行でした。
けれど、相性がいいからといって何もないわけでもなく、それは夫婦として家族として超えていかなくてはいけないものなんだろうと受け止めています。

全く関係ないこともないのでしょうけれど、よっぽど相性の悪い人とはなかなか一緒にいられないのではないかと思います。
運命の人に出会うのではなく、出会う人はみな運命の人なんだと誰かが書いていましたが、私もそう思います。
生きているうちに出会う人の数はそんなに多くはないはずです。
様々な感情を抱くことがありますが、受け止めたり、時には受け流したりしながら、これからも人と出会っていきたいと思っています。

ちなみにうちの父と母もいろいろありましたが、今は穏やかに仲良く暮らしておりますよ。

Back To Top