四柱推命

正印(印綬)、偏印って?

四柱推命の通変星シリーズ、今回は正印、偏印です。

正印(せいいん)、偏印(へんいん)と読みます。
正印は印綬(いんじゅ)と呼ばれる方が多いかもしれません。

印星に分類されます。

印星の印は、印鑑の印の意味が含まれます。
社会的な約束、地位などを表す星です。

正印の人は、真面目、几帳面、律義、思考も深く、研究したり、法則を見つけ出したりするのが得意な星です。
教師や講師にも多い星です。教えたり、伝えたりするのが上手いです。

偏印の人は好奇心にあふれていて、研究熱心でもあり、興味が尽きることがありません。移り気もありますが、その多様性や柔軟性が功を成しているようなところもあります。

どちらも世の中に名前を残したりするような性質を持っています。
世の中の動きにとても敏感でアンテナが張り巡らされているようなイメージです。
疲れやすいので適度に情報から離れることも大事ですが、特に偏印の人は情報化社会には強いでしょう。
小さな隙間にも潜りこめるようなタフさがあります。

お仕事は文学や研究者、教師、宗教家なども多いと言われます。
うちの母は教師でしたが、正印の人です。

Back To Top