カードリーディング

ルノルマンカードの紹介

ルノルマンカードってなんだろうなと思っていて、ちょっと前に鏡リュウジさんのこちらを手に入れまして。
秘密のルノルマン・オラクル

ちょうどオラクルカードとタロットカードの間みたいなポジションだなぁというのが私の印象でした。
基本的にカードの絵には全部意味がありますが、絵柄によって解釈を変えることもあるのだとか。そのあたりはタロットカードよりも緩い感じがしました。

鏡さんのルノルマンは手に収まるくらい小さくてそれには理由があります。
グランタブローというスプレッドがあり、36枚のカードすべてを並べて占う方法なので、大きいとスペースが足りないだろうという配慮なのだと思います。

で、どうしても気になるカードがあり、数か月前に頼んでいたものがやっと届きました。
アメリカからだったのでいろいろ大変だっただろうと思います。無理かなぁと思っていたのですが、無事に手元に届きました。
こんなルノルマンです。

私はこちらで購入しました。他にも買えるところがあるのかもしれません。

絵がかわいらしくて、色がきれい。なんだかアニメのワンシーンのような雰囲気で、ストーリーが作りやすそう!と思ったのが理由です。

裏はこんなデザイン。月がかわいい。色も好きです。

動物たちのかわいさ。ネズミや蛇は本来いいカードではないのですが、かわいい・・・・
犬のカードは完全にオオカミです。

カードに出てくるのは紳士のカード以外、女性ばかり。そして、後ろ向き、横向きばかり。それもいいなぁと思います。

これは多分、唯一前を向いている人。騎士のカードは本来、男性です。

月と魚のカード。

多分ですが、かわいいのとどこか野性的な部分が同居しているのがいいのかも、と思います。上のカードの花束、野生の花のように見えます。
なんとなくなのですが、ネイティブアメリカンの匂いがするんですよねぇ。
私だけかもしれないですが。

大きさはこのくらい。
よろしくね、で飛び出てきたカードがこれ。
相思相愛 笑。

これでグランタブローしたら綺麗だろうなぁ、とうっとりしています。
スペース確保してやりたいと思います。
が、おそらくオラクルカードとして使うことになるんだろうな。
またリーディングでも使っていきたいです。

Back To Top