四柱推命

バランスをとるってどういうこと?

以前に、こんな記事を書きました。
生まれた日が同じ人はどうなりますか

ちょっと思うところがありましたので、書きたいと思います。

同じ日に生まれた双子ちゃん。
子供が幼稚園に通っていたとき、クラスに2組の双子ちゃんがいました。
いろいろママさんから話を聞いていると、

・顔は似ているけれど、好きなものなどは全然違う
・性格が反対
・それでも間違えることはある 笑

友人にも双子のお子さんを持つママさんがいて、よく話すのですが、
「どう?双子ちゃん」
と聞くと決まって返ってくる答えがあります。

「あの子らはセットだからね」

これから書くことは科学的には何も根拠のない、私の感覚でのお話になります。
双子は陰と陽だ、という人がいます。
双子に限らず、人は常にバランスをとろうとしています。
双子であれば、基本的に家でも学校でも小さいころは一緒のことが多いでしょう。
1人が足りないところをもう1人が補おうとする、そんなところがあるように思います。これはほとんど無意識なんだと思います。
だから、なんとなく反対の性格に見えてしまうのではないか、と考えています。

例えば私の場合、女性性の強い友人と一緒にいるときは自然と男性性を出しているようで、その時の写真を見た別の友人に、
「なんか違う人みたい」
と言われたことがあります。
もちろん私は無意識です。
夫や男性と一緒にいるときはおそらく安心して、女性性の方を自然に使えるのかなと思います。
仕事とプライベートなどで意識して使い分けている人もいるでしょう。

人は常にバランスをとろうとしているのだと思います。
バランスをとる、ということは常に柔軟でいる必要があるということです。

双子の話に戻ります。
例えばの話ですが、双子が小さいころ、なんらかの理由で別々に暮らしていたとします。
人は環境からの影響を強く受けますので、違う環境で育った二人はおそらく似ていないように見えるのではないでしょうか。
でも例えば、どこかで偶然出会ったとしたら。
お互いに双子だと知らずに出会って関わることがあったとしたら、
「なんか、この人、自分に似てる気がする」
と感じることがあるかもしれない。
私が言いたいことはそんな感覚です。
もちろん、全く違う双子の方もいらっしゃるでしょう。
それはそうなのかもしれません。

でももしかすると、それは長く一緒にいたから、バランスをとってきたからであって、心の奥の部分には無条件に共鳴する何かがあるんじゃないかと私は思っています。

証明することはできませんし、私自身双子ではないので説得力には欠けますが、思うことを書かせていただきました。

心の奥にあるものは、それほど深くて自分で辿りつくことは難しいのだと感じています。(これを過去生とかカルマとか言う人もいますが)
未だに自分の命式やホロスコープをみても首を傾げる部分はたくさんありますが、何かの拍子にふと「あ、これ、あのことかも 」と感じることがあります。
見るタイミングによっていろんな風に見えるから不思議です。
命式自体は変わらないのに。

Back To Top