カードリーディング

オラクルカード紹介~The Good Tarot

今回はコレット・バロン・リードさんの
The Good Tarotをご紹介。
コレット・バロン・リードさんのカードはすごく好きで、これで3つ目です。
オラクルカードは持っていたのですが、タロットカードがあるとは知らず。
少し前にお迎えしました。
こんな感じです。

裏はアンティークな緑系。上下がわかるデザインです。

中身ですが、ライダー版とはかなり違います。
まず、ワンド→fire、ソード→air、カップ→water、ペンタクル→earth
と4元素に言い換えられています。
あとは、ナイトがmessenngerになっていたり、悪魔と死神のカードも変わっています。
あくまでポジティブなイメージにこだわっているんだなあというのが感じられます。
だからGood tarotなのか、と後で納得しました。

4つのエレメントは基本的にこんな色合いでそれぞれ統一されています。

大アルカナはこんな感じ。

大きさはこれくらい。リードさんのオラクルカードの大きさです。大きめ。
手には収まらないし、この大きさだとタロットのようなシャッフルはやりにくくて、やっぱりあくまでもオラクルカードとして使うのがベストなんだろうなと感じました。

こんなオリエンタルなカードもときどきあります。

私は透明感のあるカードが好きなんだなと改めて思いました。
色合いのはっきりしたカードよりも、幻想的で世界の奥行きが感じられるようなものを選んでいるような気がします。

見ているだけで癒されます。
どんどん使っていきたいと思います。
こちらでも購入できます。こちらは日本語版も出ているはず。

Back To Top