雑記

賀茂神社へ

私は京都に住んでいるのですが、京都の一宮は下鴨神社と上賀茂神社です。
上賀茂神社には初もうではもちろん、ときどき行きます。
車で行きやすいのと、境内に小川が流れているのが何とも好きで。
いつ行ってもここは空気が澄んでいると感じます、

京都にはこれこそ数えきれないくらいの神社があり、私は住んでいるにもかかわらず、そんなにたくさん行ったことはありません。
神社は好きなので気になるところはチェックしておいて、思い立ったときに出かけたりします。

今日行ってきたのは、滋賀県の賀茂神社。
京都の下鴨、上賀茂神社の元祖なんだよ、と人に聞いて気になっていたのです。
車で片道1時間ほど。琵琶湖沿いの道を走り、農道を抜け、住宅道に入ります。
私は滋賀県出身なのですが、滋賀の神社にはほとんどいったことがなく、ときどき気になる神社を見つけては車でふらっと行ったりします。
賀茂神社もそんな神社の一つ。

ふらり神社巡りは久しぶりで、前回はたぶん、滋賀の建部大社だったと思います。秋だったか、冬だったか。

住宅街の中でしたが、広くて静かで、すごく穏やかな雰囲気の神社でした。
人は誰もいませんでした。
少しだけ雨がぱらりと降り、それから少し陽が出てきて木漏れ日が美しい場所でした。

樫の木がたくさんあり、この神社を守っているんだなぁと感じました。
木には触りませんが、誰もいないときはそっと手をかざします。
私なりのあいさつのようなものです。
奥はちょっとした森のようになっていて、祭礼場があります。
ここがものすごくよかった。
苔に覆われた地面、紙垂のついたロープで囲まれた木々。
古い瓦で作られた小さな祠のようなものがいくつもその場所を囲っていました。

偶像ではなく、場所を神として崇める考え方はとても日本人的だと思います。(アニミズム的)
ただ単に崇拝の対象をモノから自然へと移しただけではないと私は思います。

自然は生き物であり、無尽蔵ではないので、共存という考え方がそこに存在しうるのだと思います。
私たちがそれを忘れないように、ところどころに自然がご神体の神社があるのではないかと思っています。

忘れないように、ということは、忘れてしまいがちだということです。
そんなことを考えながらゆっくりと歩いたり、立ち止まったりしていました。
周りは歩けるようにコースが作られていて、春になったらまた来て歩きたいなぁ。

Back To Top