雑記

タンパク質を!

私自身、死にたいと思ったことはないですが、消えたいと思ったことはあります。
辛い、という感情よりも、〈絶望感〉〈無気力〉は生きる力を奪うのではないかと思います。
未来に対する絶望、のようなもの。

人の心は本当に複雑でいろんな要因がこんがらがり、自分のことでもよくわからないのに、ましてや人のことなんて容易にわかるものではないのでは、といつも思っています。
心理学はほんの少しだけ勉強しましたが、極めたいと思わなかったのはこんな理由です。
人のことをわかったと思うことは欺瞞だと思うから。
自分のことでもそうだと思います。

ですが、体はシンプルです。
ある程度、症状として目に見えますし、実際に血液や筋肉などに変化が表れているからです。
特に産後の女性は血が足りていません。
血が足りないとしんどいだけでなく、セロトニンやそのほか、ホルモンバランスも崩れ、鬱々とした状態になりやすくなります。

これは体からの影響です。
なので、少しでも多くタンパク質を採っていただくことをおすすめします。
特におすすめは鶏肉、他の肉でもいいです。北海道の方ならラムは最高。
スープにするのもおすすめ。
肉がしんどかったらプロテインでもいいです、とにかくタンパク質。
血を作って増やそう。
日本人の主食は米だから、何となくご飯食べてればいいと私はずっと思っていましたが、ご飯では血は作れないです。

血が足りない人は、おにぎりよりパンよりお肉食べてね。

あまりにも自死のニュースが続くので思わず書いてしまいました。
私に偉そうなことはなにも言えませんが、意志に関係なく心臓は動いています。
体が少なくとも生きようとしているなら。
選ぶ余地がまだあるのなら、と思うのです。

お肉、食べようね。
食べ過ぎている人はまず、おかゆなどで胃を休めてからにしましょう。
今の時期なら、あたたかい食べ方がおすすめです。

参考:レシピ チキンスープ
鶏肉(骨付きのものならベスト)、にんじん、ネギ(余った青い部分でもOK)、昆布、ショウガ。
全部、圧力鍋に入れ(普通の鍋なら根気よくコトコト炊いてください)、塩適量と水も適量入れ、圧力がかかってから5分ほど炊く。
出来上がってから塩で味を調整します。私は塩しか入れませんが十分美味しいです。
溶き卵をあとで入れてもいいし、残ったらご飯を入れて雑炊にしてもいいです。
乾燥ナツメやクコの実がある人は入れると最高。

Back To Top