カードリーディング

お伝えしにくいカードが出たとき

先日、カードリーディングの練習会に参加し、何人かの方のカードリーディングをさせていただく機会がありました。

感じたのはどの方も人生に対して誠実で、自分に対しても前向きだということでした。
素敵なクライアントさんに出会えてありがたい限りでした。

さて、もしも〈あまりいい意味ではないカードが出たとき〉にどうするかということです。

オラクルカードは基本的には信託のカードなので、あまり厳しい意味のカードが出ることはありませんが、タロットの一枚引きになるとそうではないカードも出てきます。

カードは意味があって出てきているので、出たカードの意味はお伝えしなくてはなりません。
わたしだけがそれを飲み込んで、胸にしまっておくことはできないということです。

ですので、出たカードは必ず全部お伝えするようにしています。
警告のようなカードはないですが、それはちょっと厳しいかも、違う方法の方がいいかも、今のままではよくないかも、ということはあるかもしれません。
もちろん、それをどうするかは受けていただいた方の意志です。
ただ、全力で提案はさせていただこうと心がけています。

プライベートな内容が多いので、感想を掲載するのが難しいなぁと思っているのですが、

「目の前が晴れました」
「今までのこと、これからのことを伝えてくださり、今を考えられるメッセージでした」

などのご感想をいただいています。
今必要なメッセージをお届けさせていただくのですが、ときどき今までの軌跡のようなものを感じるカードがあり、そのときはお伝えすることもあります。

まだまだZOOMモニターは募集中です。ZOOMが苦手な方はメールでも構いません。
お申し込みはこちら。
詳しくはこちらに書いています。

Back To Top