見えない世界

もやもやするとき、抜け出したいとき

何かしら上手くいっていないとき、早くこの状況から抜けだしたい!と誰もが思うことでしょう。
早くすっきりしたい、早く安心したい、解決したい、と思う気持ちは、生きている人なら誰でも持つ、当たり前の感覚だと思います。

これは脳のエコと呼ばれています。
原因のわからないこと、もやもやする状況というのは、とてもストレスがかかりやすく、脳はそれを早く解決しようとする。

少しでも消耗を少なくするために、解決を求めるのは人として自然なことなのかもしれません。

ただ、あまりにも早急に解決へと向かってしまうと、自分の本当の気持ちや周りの状況を見落とすことにもなるかもしれません。
合理的で外向思考な現在の社会では、解決方法ばかりを求められることがしばしばあります。

わからないことは、わからないままにしておく、というのもまた、自然の摂理。
なぜなら自然の中には説明できないこと、理屈に合わないことがたくさんあるからです。
パズルのようにきっちりと収まらない、その隙間にこそ、きっと生きる意味のようなものがあるような気がします。
それを考えるのもまた、人の役割なのかもしれません。
生きる意味を考えて生きているのは人だけだからです。

最近、そんな風に思います。

読んでくださり、ありがとうございます。

Back To Top