雑記

沖縄慰霊の日。


占いとは全く関係ないのですが、今日は沖縄慰霊の日です。
初めて沖縄に行ったのは10数年前。このときは夫と二人で行きましたが、それから後に父と母も連れて行ったとき、運悪く台風にぶち当たってしまいました。
お店は閉まっていて行く場所もなく、タクシーの運転手に聞いた父のリクエストで、喜屋武岬へ行くことに。
怒涛のような海はそれでもエメラルドをしていて、私は沖縄のことを何も知らなかったなぁとそのときに痛感しました。喜屋武岬は、最南端の岬でした。

それから本を少し読みましたが、私が知っていることなんてほんの一部でしかないのだと思います。
6月23日が慰霊の日。それから日本が降伏するまで2カ月弱。この空白の時期に何がどうなっていたのか。
義務教育では学ばないことがたくさんあり、ただ現地を訪れるだけでもわからないことはたくさんあるでしょう。
中学のとき、社会の先生が、
「見たくないものから目を逸らすな」
と言っていたのを今でも思い出します。

さて、〈祈り〉とは、もともと人の潜在的な欲求だという話もあります。
検討を祈ります、とか、ますますの繁栄をお祈りします、とか文章ではよく使うと思います。
宗教から離れても、こんなふうに日常で使うところが日本人らしいなぁと感じます。
今日は、火を灯して黙祷したいと思います。

Back To Top