占いコラム

ゴールデンカムイに学ぶ①

アイヌの文化に興味はあるのですが、「ゴールデンカムイ」は気になりつつ、まだ見ていませんでした。
今頃になって、ネットフリックスでアニメを見始めましたが、面白いです。

お店の名前「レラ」もアイヌ語で「風」を意味します。

アイヌの価値観や生き方を忠実にアニメで表しているし、ストーリーにも盛り込んでいて、本当にすごいアニメだなと思いながらちょっとずつ見ています。
戦闘のシーンはちょっと苦手なのですが、アシリパというアイヌの少女がかっこよくて大好きです。

「占いというのは判断に迷ったときに必要なものだ。私たちのこの旅に迷いなんかない。だから占いも必要ない」

アイヌの占い師に言い放つアシリパがかっこよくて、思わず鳥肌が立ちました。
このアイヌの占い師は、頼まれてもいないのに勝手に人を霊視したり占ったりして、いけ好かない占い師の代表みたいな感じでしたが(笑)アシリパはかっこよかったです。

占いはこの世からきっとなくならないのだろうとは思います。
人は迷うもの。人は弱いもの。
人は闇からは逃れられないから、きっと占いからは離れらないのだと思います。

けれど、アシリパのように迷いや不安を振り切ってでも進まないといけないことが人生にはあるのかもしれません。
その強さを人は誰でもきっと内包しているのだとわたしは信じています。

いいアニメだわー、ゴールデンカムイ。まだまだ終わりませんが、ゆっくり見たいと思います。

読んでいただき、ありがとうございます。

Back To Top